Pocket
Delicious にシェア

ED治療薬として昨今注目されている薬はメガリスです。
しかし名前が知られていないかもしれません。
つまりジェネリックだからです。オリジナルはシアリスです。
こちらもED治療薬としては比較的新しい薬です。
昨今急速に普及しており今後は主流になるとも言われています。
とはいえジェネリックとは何でしょうか。心配はないのでしょうか。

ジェネリックとは

ジェネリックという用語を昨今耳にするようになりました。
政府もジェネリック医薬品の比率を増やそうと考えています。
とはいえジェネリックとは何でしょうか。
これまでお医者さんで処方される薬の大半は、著名な製薬企業が独自に開発した新薬でした。
先発薬と呼ばれることもあります。
そして薬は特許で守られていました。勝手に作れませんでした。
しかし特許が切れた後は、誰でも自由に製造できるようになります。
それがジェネリック医薬品もしくは後発薬と呼ばれるものです。
基本的に先発薬と成分や作り方は同じです。
同等の効果が期待できます。
ただし開発費などがかかっていないため安価に販売できる仕組みです。
効果が同じなら、患者さんにもメリットですね。

ジェネリックが増えています

ED関連の治療薬にはジェネリックが増えています。
もちろん先発薬にはバイアグラやシアリスがあります。
とはいえ高いですね。
なお本来は医師の診断を受けてから処方してもらうべき薬です。
しかし恥ずかしさや面倒臭さもあります。
そういう理由がある一方でネットが普及しました。
通販が当たり前になりました。
ED治療薬もネット通販で済ませたいですね。
ニーズがあれが供給側も応えます。
ということでジェネリックが多数登場しています。
ED関連のジェネリックは、そのほとんどがインドの製薬企業によって作られています。
そうしたこともあり、かなりお安くなっています。
ちょっと試してみても財布は傷みませんね。

健康保険は使えません

EDの治療には、原則として健康保険が使えません。
ならばわざわざクリニックへ行く必要もないですね。
EDが本当に深刻となってからでも遅くないかもしれません。
まずは安価なジェネリックから試してみましょう。
ビール1本分くらいの値段です。
それで効果があるならば、
そもそも治療してもらうこともないでしょう。

今後は主流になるでしょう

先発薬と同等の効果が期待できるならば、値段という要因は大きいですね。
今後はジェネリックが主流になるでしょう。
それによってEDを薬で治す!そんな風潮も期待できます。
ならばED治療自体も当たり前になりそうです。
少子化問題も解消されるかも。

Pocket
Delicious にシェア